老後の安定確保のために、知っておきたい「高齢者住まい法

知っておきたい「高齢者住まい法」とは何か?

知っておきたい「高齢者住まい法」とは何か?

高齢者住まい法とは、高齢者の「居住の安定確保」に関する法律、というちょっと長い法律の略称です。高齢者の居住の安定確保を目的としているわけですが、そもそも高齢者にとって住みやすい住宅とは何でしょう。


まず、高齢者住まい法では「日常生活を営む上で、自分が必要とする福祉サービスの提供を受けることができる」環境を、高齢者にとって良好な居住環境であると定めています。高齢者住まい法は、こうした高齢者にとって住みやすい環境を整えるために作られたものなのです。高齢者住まい法では、それを「良好な居住環境」と表現しています。


そして、それを実現するために
・高齢者にとって住みやすい賃貸住宅を登録制度とし、
・良好な居住環境を持つ賃貸住宅の供給を促進するための措置を講じて
・終身建物賃貸借制度を設ける等の措置を講ずることによって、高齢者ごとに適した居住の安定の確保を図る
これらを実現することで、高齢者の居住の安定確保を目指しています。


といっても、これだけでは「高齢者住まい法」がどんなものなのか、どんな住宅があるのかは良くわかりませんよね。もうちょっと詳しく、「高齢者住まい法」を見ていくことにしましょう。


知っておきたい「高齢者住まい法」とは何か?

「高齢者住まい法」の基礎知識

安心できる老後の住まいに「高齢者住まい法」の基礎知識

高齢者住まい法・改正のポイントは?

高齢者住まい法・改正のポイントを見ていきましょう

「高齢者住まい法」の基礎知識
そもそも高齢者住宅とはどんなものなのか?
高齢者住宅にはどんな種類があるのか?
たくさんの種類からニーズに合わせて選ぶのが理想的
「高齢者住まい法」とはどんな法律なのか?
高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)の認定制度とは何か?
「高円賃」・「高専賃」とはどんな住宅なのか?
終身賃借事業の認可制度とはどんなものか?
高齢者住まい法・改正のポイントは?
高齢化社会・要介護高齢者の増加を受けての法律改正です
住宅政策と福祉政策が一体になって高齢者の住まいを確保!
ケア付きの高齢者向け優良賃貸住宅をたくさんつくります
高齢者の入居を拒まない賃貸住宅の登録をスムーズにします
持家のバリアフリー化を応援して減税や融資制度を設けます
デイサービスセンターなどへの補助やモデル事業も実施
高齢者の住まいについてはまだまだ課題が残る!